どの季節に全身脱毛をすると効果が長持ちするのか

肌が刺激を受けにくい季節に脱毛を

季節により全身脱毛の効果が変わってくる現実があります。脱毛サロンの光脱毛は肌状態を見極めてパワーを調整しています。肌質は季節によって変化し、冬と比べて夏は紫外線の照射量が多くて肌が荒れやすいことはご存じでしょう。肌荒れが起こりやすい季節は脱毛には向いておらず、最も避けたいのは夏場です。秋の初めあたりまでは肌が弱っていることが多いため、脱毛するなら秋の中頃あたりからが適しています。もちろん年間を通して全身脱毛はできますが、出力を弱くすると減毛効果は低下しますし、持続期間も短くなるのです。効果を長持ちさせることを考えるなら、秋の中頃から春くらいまでに脱毛を受けておきましょう。脱毛効果を高めることは、結果的に費用の節約につながります。

冬は全身脱毛を始めるのに最適

冬は紫外線量が少なく、肌が蒸れにくく雑菌繁殖のリスクを軽減できるので、全身脱毛をする時期として向いています。脱毛頻度は2か月に1回が基本であり、少なくとも6回はかかると考えてください。そのため夏が過ぎてから全身脱毛を始めても、翌年の夏までに処理が完了しないことが多いです。ただ3~4回くらいの処理を受けるころには、あまり目立たなくなっています。脱毛期間中は日焼けを避けるようにし、化粧水でこまめに保湿しておきましょう。保湿力を高く維持しておけば、夏場でも脱毛効果を引き出せるのです。脱毛が完了するまでは日焼けを避けること、肌を乾燥させないことがポイントになります。肌状態が悪くなっているほど、脱毛機のパワーを弱くする必要があるからです。